アラサー主婦オススメ!美白化粧水ランキングメインイメージ

色黒でも、憧れの色白肌になれる?!

少し前は、「顔グロ」や「日焼けサロン」がブームでしたが、ここ最近は「色白」こそが憧れの的という時代がやってきて、もともと色黒の人は少し肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか。


日本では昔から「色の白いは七難隠す」という言葉がある通り、白い肌を持つことが女性にとって非常に重要だと考えられてきました。

けれども、憧れや尊敬の的になるということは、それだけ美しい「色白」の肌を持つ人が少ないということの表れであるともいえるでしょう。


皮膚の色は親からもらった大切な遺伝子情報で決められているのですから、生まれつき色黒の人がフランス人形のような真っ白の肌に…、というのは、さすがに難しいかもしれません。


ただ、持って生まれた肌に潤い透明感を与えることで、肌のトーンを上げ、憧れの「色白」肌に近づけることは十分可能なのではないでしょうか。


地黒だからとあきらめずに、美白肌を手に入れるため、少しでも努力してみる価値は十分にあるはずです。


私って、色黒?色白?基準はあるの?

日本人のような黄色人種の場合、自分のことを色黒と思っている人であっても、実は持って生まれた肌はそれほど黒くないという人は、思いのほか多かったりするものです。


生まれてから今日までの数十年間、私たちの肌は毎日紫外線にさらされっぱなしです。

特に私たちの子供の頃は今と違い、ベビー用の紫外線対策などという概念は、もちろんありません。


それどころか赤ちゃんの頃から日光に当たり、夏は真っ黒になるのが元気な子供のあるべき姿と考えられてきた時代ですから、かなりの量の紫外線を浴びて、現在の肌の色に至っているはずです。

そう考えると、本来の肌の色がどんな色なのか、色白なのか色黒なのか、実の親でもよく分からない、ということも少なくないのかもしれません。


自分自身のお尻やお腹の色を見てみましょう。腕と顔の色は近い場合が多いですから、腕をお腹に当ててみると、肌の色の違いがよくわかるのではないでしょうか。


真っ白の肌にはなることができなくても、美白化粧品を上手に使い、色白になれる生活習慣を身につけていけば、少なくとも、自分のお腹の色のトーンにまでは、十分回復することができるはずですよ。

それだけでも、顔の印象は、随分と変わりそうですよね。

地黒でも色白になるには?基本の生活習慣をおさえて!

それでは色黒の人が少しでも色白になるために心掛けるべきこととは、どのようなことなのでしょうか。


まず、たとえ地黒であっても油断せず、UVケアをきちんと行うことです。色白の人は日に焼けると、すぐに赤くなってしまったりシミになってしまうので、UVケアには自然と力を入れる傾向にあります。

色黒の人は、その点、自分の肌の強さにかまけて、ついつい紫外線対策を怠ってしまいがちです。けれども、毎日の紫外線の積み重ねは、肌の透明感を確実に低下させます。


日焼け止めをきちんと塗り、夜には一日分のダメージをきちんと回復させられる美白化粧品を使用することで、肌のトーンが格段に違ってくるはずです。


また、トマトやスイカ、グレープフルーツなどには、リコピンと呼ばれる抗酸化作用のある物質が含まれています。これらを意識的に摂ることで、体の中から、美白美肌を目指していきましょうね。

私が一押しする美白化粧品

アラサー主婦オススメ!美白化粧水ランキング1位富士フイルム アスタリフトホワイト アスタリフトホワイト!


アスタリフトホワイトは美白化粧品を選ぶ3大原則を満たした化粧品!

☆抗酸化パワーで紫外線からお肌を守る!
☆肌のコラーゲン不足を補い、ぷるぷるのお肌に!
☆くすみを取り、肌の透明感をUP!美肌&美白に♪


トライアルセットはこちら