アラサー主婦オススメ!美白化粧水ランキングメインイメージ

シミにも色々な種類がある!

「シミ」と聞くと、もうそれだけで耳をふさぎ目をそらしたくなってしまいますが、実はシミにも色々な種類があるのを知っていましたか。


美白の大敵、シミ。


敵に勝つためには、まず相手の正体を知らなければいけないのは美白の世界でも当然のことです。今回はシミの種類について、少し詳しく見ていくことにしましょう。

①老人性色素斑

これが最も一般的に「シミ」と呼ばれているものです。、特に頬骨や額などに多く見られます。長年の紫外線によるダメージの積み重ねでできると考えられています。このシミは、時間さえかければ、美白化粧品でも十分薄くなるといわれます。

②肝斑

女性ホルモンとの関係が深いシミと考えられています。20代から40代にかけて左右対称に出やすいことも特徴の一つです。


妊娠や避妊薬を飲み始めたことで、急に出てきたという人も多いようです。強いストレスなどのせいでホルモンバランスを崩した場合にも起こりやすい、といわれています。


肝斑も美白化粧品の効果が表れやすいシミだとされています。

ただ使うのを止めると、また濃くなる場合もありますので、気長に向き合っていく必要がありそうですね。妊娠中に強い美白美容液を使う場合は、産婦人科医に相談するとよいでしょう。

③炎症後色素沈着

ニキビ跡がシミになってしまったという経験はありませんか。炎症後色素沈着とは、まさにそのことです。それ以外にも、虫刺されの跡やムダ毛処理が原因になることもあります。このシミにも、美白化粧品は、一定の効果があると考えられています。


もしまだひどい炎症が続いている場合などには、まず皮膚科等で適切な処置をしてもらうことが先決です。

④脂漏性角化症

いわゆる「老人性いぼ」「年寄いぼ」と呼ばれるものです。初めは普通のシミと変わりなかったのに、だんだんと盛り上がってきていぼのようになってきた、というケースが多いようです。


ここまで進行してしまうと、残念ながら美白化粧品ではどうすることもできない場合がほとんどです。


また、通常は悪性の腫瘍である可能性は低いようですが、腫瘍の一種であることには違いありません。若いうちにできた場合は、念のため皮膚科を訪ねてみることをおすすめします。

⑤光線性花弁状色素班

海水浴やプールサイドで大量の紫外線を浴びた結果、背中などに水ぶくれができてしまった後に残されるシミです。花弁のように見えることからこう呼ばれています。若く色白の人がなりやすいといわれています。


日焼け止めや美白美容液を使い、予防することは可能です。ただ、一度できてしまったこのシミを、美白化粧品のみで完全に消し去ることは非常に難しいでしょう。病院でのレーザー治療が必要になります。



美白化粧品の効かないシミも!早めの対策を!

このように見てくると、脂漏性角化症や光線性花弁状色素班のように、美白化粧品が効かないシミもあり、とても恐ろしいですよね。


ただこれらのシミも、日頃から予防のために、あるいは、そこまで症状が進む前に、美白化粧品を使ったりUVケアを行っていれば、食い止めることが可能だったかもしれません。


どのようなシミであっても、早め早めの対策が重要になってくるということですね。


私が一押しする美白化粧品

アラサー主婦オススメ!美白化粧水ランキング1位富士フイルム アスタリフトホワイト アスタリフトホワイト!


アスタリフトホワイトは美白化粧品を選ぶ3大原則を満たした化粧品!

☆抗酸化パワーで紫外線からお肌を守る!
☆肌のコラーゲン不足を補い、ぷるぷるのお肌に!
☆くすみを取り、肌の透明感をUP!美肌&美白に♪


トライアルセットはこちら